ある「担当」となって

Pocket
LINEで送る

IMG_1476

赤ちゃんの写真をさまざまにデコラージュし、
店舗への飾り付けに使います。

今回はサンプルの赤ちゃんですが(▽//:)、
ゆくゆくは
「ここに飾ってもらえることが嬉しい♡」
となれるよう、1つのブランド化、そして育てていきたいと思います。

「ご連絡ありがとうございます☆
こちらこそ32が欲しいなんて話をこんなやりとりの中で聞くとは
思いませんでした(笑)。
   ~(中略)~
よろしくお願い致します。
今回、渡久地さんとのご縁が嬉しかったです。」

赤ちゃん米という弊社の商品があります。
その製作の担当をしているのですが・・。

これまた十人十色で、デザインへの希望や
直接電話でのお話しややりとりをしていくと、面白いことがたくさん起こります。

SPONSORED LINK

もちろん、大切なお子さまの顔写真を入れるギフトなので
ご両親や祖父母などの注文なさる方も想い入れも強い分、
気は使いますし大変な部分もありますが、
上記のような言葉や思いがけない出会い、
「お願いしてよかった~♡」
「すごく喜ばれました!」と次のお子さままで注文してくださったり・・

お客様に育てられている担当(わたし・・)と、商品だなぁと
つくづく感じます。
デザインも少しづつバリエーションが生まれ、
私自身のスキルアップにもつながっているんです(笑)。

もともとデザイン系も好きなので
楽しく仕事をしている、と感じられる私は
すごく幸せモンですな。。

同じような商品はたくさなります。
扱っているお米屋さんも、沖縄にもいくつかあります。

それでも

たくさんの中から選んでくれたその「想い」を
私なりに大切にしていきます♪

全然関係ないのですが(笑)。
ちょっとした発見をしたので書き留めておきます。

気前よくもてなすことを「大盤振る舞い」と言いますが、
元の字は「椀飯振舞」だそうです。
椀飯(わんばん)とは椀に盛った蒸し米のこと。
改まった行事の時に振る舞われていたのですが、
後には饗宴で他人をもてなす時に出されるようになり、
もてなしそのものを表す言葉になった、そうです。

Pocket
LINEで送る

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です