玄米をお湯で炊く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おはようございます。
先日、ある記事を発見しました。

『玄米をお湯で炊く』というもの。
記事によると、

「玄米を炊飯する場合、吸水は胚芽部分からのみ行うため、
 十分に行きわたらせるためには長い浸漬時間が必要となる。
 水のかわりに熱湯を使って浸漬すると、糠層の一部が破壊され
 そこからも吸水が行われるようになる。」

そうで。

この方は1時間浸漬で効果を感じたようです。

そう、玄米と言うと最低でも2~3時間
もしくは6~7時間の浸漬時間を提唱してたもの。
それでできると普通の白米を炊飯する感覚で
気軽に炊くことが出来る!ということになります。

ただ“お湯で炊く”ということに関しては、
“電気釜で炊く場合、お湯で洗ったままスイッチを入れると、
 サーモスタットが温度の上昇を感知し、通常より短い時間で炊き上がり、
 その結果、芯の残ったごはんができやすくなる。”
ということが言われてきました。

ちなみに白米の場合、
「お米はお湯で洗ってはいけない」ということをお話しているのですが、
理由として、お米のでんぷんが分解されて糊化が進んでしまい
ぐちゃっとしたごはんになってしまうということがあげられます。
人肌くらいのぬるま湯であれば問題はないとされていますが
さじ加減がひとそれぞれになってしまうと思うので
なるべくはさけたいものです。

どのくらいの方が試してるんだろう・・と思いましたが
「クックパッド」でも紹介されてたこともあり、
試してみました♪

玄米をお湯で炊く

40℃くらいのお湯で洗米からスタート。
すぐ炊く、という方と
さきほどの1時間漬けるというのがありましたが

すぐ炊くと、めちゃくちゃ歯ごたえを感じることのできる
玄米ごはんの完成(笑)。
ぱりっとした食感が楽しめます(▽//;)
もしかするとコアに喜ばれるかもしれません。
ウチのムスコが「あ・・これ良いかも」と言い出してたので。

オススメは1時間漬けるですね。

「白米のような」まではいきませんが
漬けなきゃ、という負担は軽減されると思います。

余談ですが、
玄米と白米とではカロリーの差はほとんどありません
カロリー低いからダイエットに良い、ではないということを
まず覚えていてくださいね^^

五訂日本食品標準成分表で見ても
調理する前でそれぞれ100gあたり
白米356kcal 玄米350kcal
炊き上がった状態でも
白米168kcal 玄米165kcal
(お米は炊くと倍の量になるので×2で考えてもいいでしょう)

ただ、含まれる食物繊維の量に圧倒的な違いだとか
消化吸収は玄米の方が低いだとか、そのことによる満腹感や
玄米食を続けることによって嗜好が変化することが
ダイエットなどに繋がっているんだと思います。

玄米に含まれる栄養素がどんなに高くても
よく噛まなければそれらは排出され、意味のないものになって
しまいます。
玄米食にするのであれば、今以上に“よく噛む”ということを
心がけてくださいね。

さきほど玄米食を続けることによって嗜好が変化するとお話しましたが
食事の傾向が変わるというのはほとんどの方の感想です。
人間は本能的にどうやら高カロリーのものを好むようです。
(それは生命維持からなる本能的なものだと考えられています。)
それが玄米食を続けることによって、変わっていくそうですよ。

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
SPONSORED LINK

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です