稲穂につくピンクの卵の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

IMG_5024

「母さん、これは何の卵(?)ぞ?」

そんなLINEが、三重県にいるムスメから届きました。

「ジャンボタニシの卵だよ」

と答えると

「わかるんだwww ありがとー。」

と。聞かれてはいませんが、勝手に続けました(笑)。

「稲だもん。
ちなみに、稲を喰う害虫ではあるけれど、
水位の調整次第では、除草に使えるヤツです。

なんとかは使いよう・・かな」

ムスメからは
「お母さんって、米について知らないことって
あるん?」
と返ってきました。

ありますね~。

五ツ星お米マイスターの試験会場で
「まだ若い! 米屋は一生勉強だよ、
まだまだ頑張れ!」
と言われたことを覚えています。

世の中や環境、人々の嗜好や
様々なことが変化していきます。
その中で、「米」は変わらなくても
そのPRの方法や、炊飯器の進化、
米を使用した商品が新しくなっていくことなど
やはり変化していくものです。

一生勉強、頑張ります♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しく仲間入りした商品です
▼ ▼ ▼
鹿児島県産A地区ひのひかり
あとから、ジャンボタニシの話で思い出したことがあり
「沖縄では昔、食用として輸入したんだよ」
と話すと、
「知ってる、調べたもん」
と言われました。
気になる事は調べるクセが、ちゃんとついてるようです。

ジャンボタニシを食べてみる~「DEE OKINAWA」より~

人気ブログランキングへ参加しています


食生活・食育 ブログランキングへ

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
SPONSORED LINK

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です