話題のお店、オッパキンパ

話題の「オッパキンパ」、初めて訪れました。

「キンパ(韓国のり巻き)」は、塩とごま油で味つけしたご飯に、
ほうれん草、たくあん、ニンジン、卵などの材料を入れて海苔で巻き、
ひとくち大に切ったもの。

キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意。

そして、店名のオッパとは韓国語で「お兄さん」という意味だそうです。

 

韓国海苔巻き専門店が沖縄に登場

少しわかりにく場所ではありますが、
歩道に小さな看板あります^^

沖縄県でランチを食べるならオススメ「オッパキンパ」

海苔巻きクッションが可愛い!オッパキンパの店内の様子

店内はこじんまりとしたアットホームな雰囲気♪
持ち帰り用を待つ間に座れる、かわいいソファにクッションがにくい♡

オッパキンパのオススメメニュー

オッパさんの知り合いの紹介で連れてきていただいたので、
めっちゃラッキー!、特別に2種類巻いてもらえました。
チーズと野菜☆

パッと見はご飯の量が少なそうですが、箸で持ち上げると
ずっしりとした重みを感じます。
野菜は人参、ほうれん草、卵、白菜などがギッシリ。

 

添えられたタレをつけていただきます。
キンパ1切れはかなり大きいので、一口で納めるのは大変ですが、
噛み切ろうとすると、せっかく巻いてくれた具材がこぼれるので
ここはお行儀を気にせず、かぶりつきましょう。

シャキシャキッとした野菜の歯ごたえが楽しく、
味付けも美味しいキンパに箸が止まりません。

キンパの種類は5種類、他にはビビンバやサラダ丼などもありました。
どれもたっぷり野菜をたべることができるメニューで嬉しいです。

ちなみに、野菜は沖縄県産のようですが、海苔は韓国産♪
メニューによっては使われている豚肉も沖縄県産ですって。

「沖縄の人はあまり野菜を食べていない のでは?」と感じていたため、
野菜たっぷりのキンパを出そうと思ったそうです。

食材を県産で揃える、というのも
きっとなかなか大変なことだと思います。
「たとえ利益が少なくなってしまっても、お客さんには安心して美味しく
食べてもらいたい。自分が納得いかないと、お客さんにも満足しても らえないから」
と話してくれました。その心意気に感謝すら覚えます。

ただ、時期的に沖縄で確保が難しい食材は安心安全の国産のものを使っているそうです。

お米に関しては、キンパには‘お寿司や チャーハンのような固めが理想’とのことで
お米屋さんと相談し、かためで冷めても美味しいお米を時期にあわせてチョイスしている、
とお話してくれました。
なので、こしひかりだったり、きぬむすめだったりと変わるようです。

ただ、まだ納得はしていない様子で
「お米、なにが合うと思いますか?」と話してきてくださいました。
”適当ですまさない”、その姿勢も素敵です。
また時間を見つけて伺おうと思います。

SPONSORED LINK

韓国海苔巻き専門店オッパキンパの箸休めメニューが旨い!

大根のおつけものが口直しにぴったり

個人的に、香ばしいコーン茶を、すごく気に入りました。

 

 

沖縄のシーサーはお店のアレンジにも大活躍

店先に置かれたシーサーも、良い味出してると思います。

先日の講座でもお世話になった、バケーションキッチンナーの知念さんと記念撮影♡
バケーションキッチン知念さんと、お米マイスター渡久地奈々子

 

オッパオーナーと(右端です)。

沖縄の韓国のり専門店オッパキンパで記念撮影

 

店内でも、そしてランチ、お土産のテイクアウトにもイイです。

オーダーが続くと少し待つこともありますが、それでもいいから食べたくなるほど、
ヘルシーで美味しかったです。

日によっては早めに売り切れる時もあるようですので、ご注意ください。
(問い合わせをして伺う方も多いみたいですよ)

Restaurant name Oppakimpa (オッパキンパ)
TEL/reservation 098-917-5424 (+81-98-917-5424)
Addresses 沖縄県 那覇市 前島 2-12-21
Transportation 12:00~19:00
Lunch, Open on sundays
Shop holidays 月曜日・火曜日

 

 

ここ沖縄では21日から“沖縄国際映画祭”で盛り上がっています。
お出かけついでに近くをお通りの方は、
「オッパキンパ」のこだわり、ぜひ体感してみてください。


韓国海苔巻き作りセッ(海苔、ハム、たくあん、ごぼう)

 

人気の冷やご飯ダイエットとして、野菜たっぷり、
冷やご飯をおいしく食べるのにもおススメですよ♪

SPONSORED LINK