Pocket
LINEで送る

「今度、鹿児島から苗と土が玄米入荷のときに
一緒に送られてくると思います。
店舗でバケツ稲をしようと思いまして。。

で、渡久地さん、時間あるときに店舗まわって指導してきてくださね」

 

笑える・・。

そんな急な無茶ぶりのもとスタートした「バケツ稲計画」。

IMG_4393

玄米がトラックに積まれてやってきました。

IMG_5508

苗・土とともに。。
鹿児島県産ミルキークイーンの苗と、その田んぼの土です。

「田んぼの土なんでボウフラわくと思います、気をつけてください(笑)」
という農家さんの声を思い出しました。

 

↓バケツに土を入れ

IMG_1352 (1)

↓各店で水を張って配布完了

IMG_1344

 

「家でもやってみたい♪」という声もあったのですが、
種もみの仕入れ先、今回まだあたっていないので
こちらもご紹介しておきますね。

SPONSORED LINK

⇒JAから種もみ、肥料、栽培マニュアルを送付してもらうこともできますが
こちらは先着1万名様で、意外と早く締め切られてしまいます(汗)

img_01JAグループ

こんな本もありました。


「超豪快」っていうタイトルが豪快ですね:^^

「さて、どうなるかな」
と、なんだかわくわくしてきたので
残った苗を、今度は米工場サイドで栽培することに決めました♪

送られてきた田んぼの土は底をついたので、
ホームセンターで入手する土や混ぜ具合の様子、
分ける株の大きさや植えつけの間隔など、
手探りではありますが、次回、その様子をお届けしますね。

バケツ稲、土作り編
バケツ稲に育つもの~生き物編

そんな2016年のゴールデンウイークのスタートです。

<稲:関連記事>
rice field

Pocket
LINEで送る

SPONSORED LINK