金峰こしひかり、新米入荷です。

時間の経過とともにノウハウは腐ってくるが、生き様だけは活きてくる。

今日、目に留まった一言です。
これが同じく目に留まったあなたは「職人肌」かもしれませんよ(笑)。

金峰こしひかり、新米入荷です。

鹿児島より、「旬」の味わい届きました♪

金峰こしひかり入荷です。

今年初の新米^^

南薩摩の穀倉地帯と呼ばれる金峰(きんぽう)町のコシヒカリです。
金峰町は薩摩半島の中央に位置し、東に霊峰金峰山をのぞみ、
町域を流れる堀川・長谷川が万之瀬川と合流し、その豊かな水量と共に
美しい田園風景を形作っています。

新米特有の香りも鮮やかに、ややしっかりめのコシと控えめな粘り、
ほどよい甘さが特徴です。お寿司や、しっかりあっさりしたおにぎりに合いそうです。
その点では、九州各県のコシヒカリよりも、新潟のコシヒカリに近い食味。
関東や東北の方に特にオススメしたい早場米新米です。

日本で一番評価の高い早場米である“佐賀白石産七夕コシヒカリ”にせまる
美味しさとも言われているお米です。

私が数年前鹿児島を訪れた時は、ネット販売か
地元の道の駅などでしか手に入らなかったお米でした。

鹿児島のお米

今回は2等で届きました。
詳しくはこちら⇒お米の「等級」って何だろう

SPONSORED LINK

玄米

玄米。
この写真に萌えるのは、米工場でもやはり私だけなようでした・・。
詳しくはこちら⇒青い玄米って何?

金峰こしひかりを精米

早速精米してみました。
白米の状態です。

金峰こしひかりはふくよかな新緑のような香り、 なめらかな舌触りとほどよい粘り気に甘み。 飽きの来ない味わいでの仕上がりで満足です。

鹿児島といえば、の伊佐産のひのひかり・金峰のこしひかりと
その土地ならではのお米は嬉しいものです。

ふくよかな新緑のような香り、
なめらかな舌触りとほどよい粘り気に甘み。
飽きの来ない味わいでの仕上がりで満足です☆

毎年「硬め好きな方へ」というコピーのもとにお届けする
金峰こしひかりですが、
今年は一味、風味が違う気がしますよ♡

<関連過去記事:ピックアップ>
九州産のお米
栗ごはんに合うこしひかり
おいしいお米とは

SPONSORED LINK