バイク教習に必要なものは
・長袖
・長ズボン
・手袋(軍手可)
・ヘルメット
・ブーツ(かかとのあるもの)
となっています。
長袖・長ズボンは作業着ウエアでクリアしました。手袋も教習所で軍手を100円で販売していたので、それを購入。ヘルメットは、教習所の入学祝いで(ジェットですが)プレゼントがあったので、それを使用するとして

ブーツ ”(-“”-)” !!

今持っているものをとりあえず履いていき、教官に確認をとったところ
「ん~・・ (かかるように)かかとがあるものがいいな。」
とのことだったので、

沖縄のライダースご用達「ライコランド」へひとっ走りしてきました♪
つきそいで行くことはあっても、自分の用で来るなんて思わなかったので、勝手にドキドキしましたが(笑)。

実は、だいぶ前からひとめぼれをしていたブーツがあったんです♥
「いつか免許をとったらコレを買うんだ!」
と密かに決めていました。順番が逆にはなりましたが、景気づけです。

いつも見慣れたライトブラウンのブーツ、お気に入りでしたが、数あるブーツの中で、WILD WINGのこのレッド系な色合いになぜかすごく惹かれました。

並んでいた色違いのブラウン系と何度も履き比べていました💦
同じサイズなのになんとなく履き心地が違う気がして。

小30分ほど悩んで、やっぱり最初に決めていたこのコについてきてもらうことに決定!本革使用で、ブーツの札に「オイルを染みこませた柔らかなレザーは、驚くほど早く足に馴染み、あなたnオンリーワンのブーツとなるでしょう」という文言と、
・爽快なステップワーク(レーシングブーツ同様ヒール形状)
・ダイレクトなシフト感(ジャストフィットつま先形状)
・バイクを傷から守る(ファスナーカバー)
・脱ぎ履きしやすい(サイドファスナー)
・ブーツを保護(シフトチェンジパッドカバー)
・滑りにくい(防滑ソール)
という、今までのブーツとは全く違うライダー使用のためのブーツ感にそそられました。

ブーツよりもう少しラフな感じのライディングシューズというものもあります。バイクは街乗りのみ、という人には、ライディングシューズで十分だという声もありました。
今回購入したWILD WINGのようなブーツは皮革素材が多く、それなりにお高いです(;一_一)

バイク、ヘルメット、ジャケット・・と揃えていくと、ブーツまで揃えていくのはある意味勇気の要ることになりますが、長く自分に合うものをしっかり選んで大切にしたいと思いました。
ヘルメットは消耗品とも言われていますが、ブーツ類は以外と長く持つものです。私のお気に入りブーツは少し安いものだったので、底をボンドで貼り直したりしたこともありますが、なんだかんだで5年くらいは履いています。

・・免許はまだですが、ナニカ。

今のご時世、ショップで見かけるとなんとなくネット検索してみたくなりませんか??amazonでは「靴のプロフェショナルがライダーの為に作った拘りのブーツ! 」とあるので、やはりこのコに決めて良かった♪と、なんとなく後押ししてもらいました(笑)。


WILD WING ライダーズリングブーツ ファルコン ワインレッド 26.0 WWM-0001

このヒール感もgoodです♪このヒール感、さきほどの特徴もあわせて、これぞライダー仕様のブーツ!これでブーツも完璧です!!

・・免許はまだですが、ナニカ。

ただ、このあと。
このブーツに泣かされるできごとがありました。そこでの教訓、「せっかくのレザーブーツなのに・・「足が痛い」の巻」です(笑)。