申し込みをした翌日に入校式の予約ができたこともあり、行ってきました入校式!「自動車教習所に入校式なんてあったか??」と思うほどに全く持って記憶がないため、おどおどしながら訪れました(^_^;)

受付に声をかけ、教本やテキストなどの書類を受け取り、「入校式の場所は奥のガラス張りのドアを進んで二階、一番最初の部屋になります」とことでしたので、ドアを開けると

そこには学校的な階段が(笑)。おそるおそる登り中へ入ると、数人の本日入校式を受けるであろう方々が座っていました。

教室全体は取れませんでしたが、会議室のような場所。部屋の後部には、まだ何に使用しているのかわからないバイクや車が置かれていました。

まず校長先生の挨拶から始まり、教科の流れやキャンセル待ちの方法、期限などの説明を聞きました。

こういうの、いただきます↓

自動二輪教本は

こんな内容で、MTとATで受ける内容が違うようです。
ATでは

ここまで見ても、今のところよくワカリマセン(泣)。

入校式で分かったことは、1段階で技能9時間、2段階で8時間の技能教習と1時間の学科があるということ。1段階6時限目・2段階1時限目・2段階3時限目でシュミレータ―というものを行うようです。また、2段階の4時限目に学科があります。

これらに講習認定をいただければ♪
卒業検定となり、晴れて免許交付になります!

次に分かったのは講習を受けられる時間。
昨日の申し込みの時に「7日先まで3回予約を入れることが可能と聞いていましたが、今回の資料の中に「1日あたりの技能教習限数は、1段階で2時限(連続可)」だったので、1回なの??3回可能なの???が頭でくるくる回っていました。
正しくは、予約は1回しか入れることはできないがキャンセル待ちを入れて教習を受けることができるという意味だったらしいです。

入校式が終わると、適正検査というものが待ち構えていました。
(これもまた「そんなのありました??」という気持ちです)

厳正な雰囲気の中で検査開始。
検査は、図形を見分ける・線を引く・図形を描く・計算式・50の質問事項の書かれたプリントに記載していくものでした。
50の質問事項では、「何にどう使うのか」を明記して使用する方も増えていくものだと思います。

自動二輪の卒業検定コースのプリントをいただきましたが・・
覚えられるだろうかという一抹の不安を抱え、帰途につきました。

今日の適正検査で「私って、鈍かったんだ」と感じてしまいました。

とりあえず。
10月1日で予約してきました♡
また報告しますね!