これぞ「ずぼら飯」の極致!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

IMG_2089

先日、このこめななブログをご覧になっていた方のコメントが縁で
本土のお米マイスターさんとお知り合いになることができました♪

コメントをくださったのは、沖縄出身の方で
本土へ嫁いだ先のお義父サマがお米マイスターさんでした。
沖縄のお米を通して、いろいろ交流のきっかけになればと思います。

IMG_2076

↑「ぶきっちょさんでもできる、さんまのかば焼き丼!」
と張り切ってコメントをくれたうちのムスメ。

・・しかし、缶詰です笑

「開けるとき注意!

隠し味と称して変な調味料とかを入れなければ
おいしいよ。。」
(よけいなことはするなbyムスメ)だとか。

ごはんとさんまのかば焼き缶詰さえあれば、とりあえず何とかなります(▽//:)

夏太り=栄養不足のコワさ

食欲がないのに太る? 夏の「栄養失調太り」にご用心!

■夏に太った人はこれを食べていた!

某アンケートによると、男性の2割、女性の3割が昨夏「太った」と回答しました。
この数は実に全体の平均で25.1%と、体重が減った(夏痩せした)と答えた人よりも
4人に1人の割合の人が夏太りと感じているという数字が多かったという
興味深い結果が出ていました。

夏は暑くて食欲が落ちているので、自身ではあまり食べない気がするという方も
多いのではないでしょうか。
前述のアンケートで体重が増えたと答えた人の中で目立ったのは、
夏によく食べていたという食事の内容。

「麺類」と「パン類」を食べた頻度が高いという共通項があったそうです。
続いて気になる答えは「アイスなど冷たいもの」「おにぎり」。

実は、これらが食事のメインを占めてくると、
ちょっと心配事が出てくるのです・・・。

おにぎり

■栄養失調なのに太る?

暑いと食べる気持ちが弱まって、なんとなく、食べやすいもの・
口当たりの良いもの・冷たいものなどに頼ってしまいがちですよね。

しっかりとした定食などは気疲れして手が伸びず、コンビニでおにぎり2個とお茶だけ、
ベーカリーで菓子パン2個だけといった、軽食的な食事になってしまいませんか?

実は、これらは炭水化物をメインとしているのでカロリーはありますが、
食事の献立としては栄養不足なのです。
特にパン類や麺類は、口当たりの印象とは異なり、脂質や糖質が多く、
カロリー自体は高いのに栄養価は低めという残念な一面も。

たとえば、ご飯や麺などを身体で使い切るにはビタミンB1が必要ですが、
穀類主体の食事では十分な量が摂れません。

パン類や揚げ物などに含まれる脂質をエネルギーとして使い切るには
ビタミンB2が必要ですが、やはりこのような「炭水化物単体食べ」の食事では
足りません。

夏に多い食事パターンだと、カロリーは足りているのに
栄養失調を引き起こしてしまいやすいのです。

夏の栄養失調は夏バテ症状を引き起こし、さらに食欲が低下。
体がダルくなり、さらにきちんと食べられないという悪循環に。
食欲がなかったのに夏の終わりに体重が2kgアップ! というのは
できれば避けたいですよね。

■炭水化物の単体食べにならないように!

カロリー(エネルギー)とは、“量”を示す単位であり、栄養素としての“質”とは無関係。
量だけたくさんとっていても、質がそぐわなれば、エネルギーを体内で使いきれません。

典型的な症状としては、いわゆる夏バテのようなダルさを感じたり、
疲れやすくなったりします。
カロリーだけはしっかりとっているのに、栄養失調になっているかもしれません。

弁当

これを防ぐためには「おかず」を添えること。
コンビニのおにぎりには、ゆで卵や厚焼き玉子を添えましょう。

具材の少ない麺類の場合は、納豆や魚の缶詰などのおかずを添えてみてください。
さらに野菜類も食べると、なお栄養バランスが整います。
夏の不規則な食生活から体脂肪や体重が増えてしまうという
“栄養失調太り”を防ぐためには、食事内容のチョイスがとても大切です。

■大事な体内時計の存在

近年の日本人は、昔と比較しても食べる量が300kcal分くらいも減ってきているのに、
生活習慣病としての肥満は増加し続けています。
外食や中食なども増えて脂質の摂り過ぎになったり、運動不足になっているのが原因と
考えられていますが、もうひとつの原因が体内時計の乱れです。

たとえば、夏の開放感から夜遅くまで起きてしまったり、
暑くて眠れないといったことから寝不足が続いてしまうと、
体内時計がくるってしまいます。

その結果、レプチンという食欲抑制ホルモンが減り、
グレリンという食欲増進ホルモンが出て、普段よりも多く食べてしまうという
実験報告があります。

さらに、寝不足時には揚げものや甘いもの、炭水化物といった嗜好性が高まるということも
わかっていて、必要以上に食欲が増してしまうのです。

そして、夏になるとついつい手を伸ばしがちな冷たい麺類。

しかしこれを摂りすぎると、夏太りする可能性が出てきます

朝起きて代謝のスイッチを入れ、活動時間にしっかりと体温を上げるという機能が
低下することで、一日に使うエネルギーとしての基礎代謝量
(生命維持のために最低限必要とされるエネルギー量)が低下してしまい、
より太りやすくなるということも心配されているのです。

■暑い夏を太らず過ごすコツ

できるだけ同じ時間帯に就寝、決まった時間に起床して、朝食をとりましょう。
体内時計を整えるために有効です。
外で朝食を買って食べてもOKですが、ヨーグルトや牛乳、たまご料理など、
なにか1品たんぱく質を添えることを忘れずに。

IMG_5034

昼食で麺類を選ぶときも、豆腐など豆製品、魚や肉のおかずなどを1品添えると
栄養失調太りを防ぐことができます。
夕食時もお酒はほどほどにして、きちんと食事を食べる曜日を決め、
意識的に栄養チャージを。疲れを引きずって食生活がおざなりになると、
夏バテと夏太りの原因を引き起こしますので注意してくださいね。

夏はどうしても食欲が落ちてしまいますが、栄養失調太りを引き起こさないために、
きちんと食べ続けることの大切さもお忘れなく!

IMG_2080

生パスタのお店に行ったのですが、もちもちした麺なんで驚きました。

上は、蒸し鶏とブロッコリーのペペロンチーノ♪

IMG_2079

サラダは「彩」が命ですね。
食欲をそそります♡

ただ、この日の一番魅かれたものは・・

IMG_2068

ハーレーダビッドソン スポーツスター☆

コレ欲しいなぁ。
まずは免許から・・ですが(笑)。

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
SPONSORED LINK

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です