お米一覧

お米の品種(銘柄)や玄米、炊飯や保管方法まで・・お米にまつわる全般にについて、お話します。

米農家さんの様子が、鹿児島県と富山県から届きました。

「米の価格が下がりすぎて、米農家は儲からない・・」など、 米農家が抱える現状を紐解けば、たくさんの問題や悩み、見えてくる課題があるはずです。 その中で、こうしてしっかり消費者へ伝わるようにと願いを込めてお便りをくださる気持ちに、 私はまた「頑張ろう!」と思わずにはいられません。

玄米と発芽玄米の違いとは?

近年雑穀や分づき米、胚芽米、玄米、発芽玄米など、さまざまなタイプが注目されてきました。 その都度、少しふれてはきましたが、なかなか過去記事に埋まってしまうので、まとめ記事風にしてみました。

「虫」の苦手な方は避けてください・・。

お米につく虫の出現は、気温や湿度など、その保管環境で左右されます。 そしてさらに追及すると、そのお米の薬剤使用環境も少なからず関わってくるのです。 「新米だから大丈夫」「新米だから虫はつかないでしょ?」という言葉も聞きますが、 まずはその固定観念から変えていきましょう。

ギフトを企画・商品化するうえで大切な目線とポイント

贈り物というのは、贈る側もいただく側も笑顔になれるものです。 本来、なれ合いで贈るものではありません。 ”ものづくり”とは、その”もの”をそれだけの目線でのみ見てしまうと成長はしません。 「お米」を「お米(単なる商品)」としか見てないうちはその「お米」は「お米」でしかありません。 でも、そこにそれ以上の見方が加わると、実はさらなる可能性をもつものになるのです。

世界食糧デーキャンペーン「おにぎりアクション2016」

2016年10月11日より、世界食糧デーキャンペーン「おにぎりアクション2016」がスタートしました。 twitterなどのSNSで、#OnigiriActionとハッシュタグをつけて おにぎりの画像を投稿すると、協賛会社からアフリカの子供達の給食5食分に相当する 100円が寄付されます(11/30まで)。

沖縄の十五夜は「ふちゃぎ」で決まり!

先日、ごはんでおはぎを作ったのですが 今回はその変化球、「ごはんDEふちゃぎ」です(笑)。 ごはんでおだんごを作るというレシピは以外にもけっこう検索できました。 本当はきな粉をまぶしたいとこでしたが、十五夜。 スーパーでもけっこうふちゃぎが並んでいたり、あずきのコーナーは 売り切れも目立つほど。。であれば、ふちゃぎでいきましょう♪