その後、何が改善されて、何が改善されていないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

BI7aQhfCcAAEYDk

”当時は「屈辱の日」という認識ではなかった様子”という言葉とともに
記載されていた小さな記事。
1952年4月29日付の沖縄タイムス社説では、まず「祝福」の言葉があって、
その後に「取残された溜息」と続いているのが分かります。

「4.28」
4.28サンフランシスコ講話条約発効から64年。

沖縄では「屈辱の日」と言われていることを
恥ずかしながら私は初めて知りました。

1952年、サンフランシスコ講和条約が発効しその結果、
沖縄が日本から切離された日が4月28日、
つまり、日本は国土を分断され、沖縄が日本では無くなった日なのです。

沖縄返還が単なる日本への返還にとどまらず、その当時、
他国に目を向けるとベトナム人民の不屈な闘いにリンクし、
歴史的由来を持って当時の革新陣営が設定したものでした。

簡単にここで書くことはできない内容でしたので、
関連記事の中から分かりやすいものをリンクしておきます。

2013年4月20日 琉球新報
61年4月8日「屈辱の日」は生まれた 復帰協、総会で決定

観光立県「沖縄」。
年間の来沖者数はどんどん増加の一途をたどっています。
明るく、のどかな県民性がうたわれていますが、
その背景にあるものも、汲んでいてほしいと思っています。
どの県、どの国にもそれぞれの過去の闇はあるのかもしれませんが、
それらは沖縄の特異な過去でもあります。
沖縄「慰霊の日」

IMG_1390

先日、友人に
「これ、可愛いから渡久地さんに似合う♪と思って」
と、突然プレゼントをいただきました。

本土出身の彼女ですが、共通の食関係で出逢いました。
ココロとココロが繋がる関係、温かい気持ちでいっぱいになります。

スポンサーリンク
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
SPONSORED LINK

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です