チーズのっけごはん

kamanbe-rucheeserice 「お米」のおいしいレシピ

のせるだけ簡単ごはん

とろとろのチーズにほかほかごはん♪
今回はチーズ好きにはたまらない、でもズボラさんでも全然大丈夫!なごはんをご紹介します。

kamanbe-rucheeserice

のせるだけチーズごはんの作り方

必要なのはお米を含む材料と炊飯器、これで基本なものは揃います。

<材料>
お米~2合(一番チーズの量とのバランスがいい量です)
カマンベールチーズ~1箱
固形コンソメの素~1個

お好みで、ブラックペッパーやパセリ、かつおぶしをご用意ください。

cheese on rice

1・お米を洗い、分量の水を入れます(今回は2合なので2合のメモリまで)。そして固形スープの素をできれば砕いて加えます(砕いていないと味に偏りが出てしまいます)。

2・1に、チーズをまるごと投入!

all cheese

3・炊飯器のスイッチを入れて炊く(いつも通りでO.K)。あとは炊き上がりまでおとなしく待ちましょう( *´艸`)♪炊飯していくと、どんどん香ばしいかおりがたちこめてくるのが幸せな気持ちをわきあがらせていきます♥

4・炊き上がりました

camembert cheese all in

カマンベールチーズは表面にうすい膜のようなものがありますね。それがうまい具合に中のチーズが溶け出すことを防いでくれるので、炊飯器の中が大変なことになったりはしません。

5・あとはカマンベールチーズに包丁などで切れ目を入れて

ti-zuirigohan

自由に盛り付けちゃってください!

torotoroti-zugohan

チーズなのでパセリやブラックペッパーを振りました。私個人的にはパセリは色付け程度でブラックペッパー気持ち多めの方が引き締まった感じになり美味しかったです。

ti-zutokatuobusinogohann

これをかつおぶしをふりかけてみると、また違った豊かな風味となりました。もともとおかかふりかけとチーズの相性の良さは定番だったので想像はしていましたが、味付け調理していない削り節でもめちゃくちゃ合うのは確信しました。この組み合わせもおすすめで、食べやすさが増します。

nokorigohannonigiri

チーズがだいぶ満腹感を増すので残る可能性もありますが、その時はおにぎりにしちゃってください。この組み合わせは時間が経ってもおいしいです。