辛かった時、しんどかった時、
壁にぶつかった時、
困った時、悩んだ時、
苦しかった時、失敗した時など、

色々なことが走馬灯のように思い出される。

でも、その時の周りの人からの応援とか、
みんなの笑顔とか、
手を差し伸べてくれた人とか・・・

本当に、もうダメだ・・・
と思った時の救世主の出現とか・・・

そんな人として大切なことを思い出したり、

人の愛を感じたり、

自分へ向けられた無償の愛を感じたり、

自分ではダメだと思っていたのに乗り越えられたことなど・・・

そんな経験が、キラリと光る美しい涙として流れてきますね♪

でも、この涙は、挑戦した人にしか分かりません。

辛い思いをした人にしか分かりません。

傷ついたことのある人にしか分かりません。

だから、人が何かに向かって挑戦して自分を変える瞬間って、凄くドロドロしているのかもしれません。

感動の涙って、やっぱり、「嬉しい、楽しい」だけでは出ないのかもしれませんね。