私の「マクラメ編み」との出会いは、これが最初だった気がします。
何気に引き付けられる、ストーンを際立たせる糸。

不思議だなぁと感じていました。
それ以来、何かと目に付くようになり、
いつのまにかねこ好きも加わって。

ある日インスタで見つけたマクラメ編みにゃんこにひとめぼれ(笑)。
しかし、あまりの人気でなかなか買うことができず、
ネットで探していると、一応楽天でも見つけることができました。

そのマクラメにゃんことは、こういうものです。
↓ ↓ ↓

マクラメ ニャンコ にゃんこ マクラメ編み ストラップ ねこネコ 猫 モルガナイト サンタ 天然石 パワーストーン

これは、ねこ好き&ストーン好きの方がビンゴでハマってしまう罠かもしれません。

しかし、ふとここで思ったのが

「自分で作れないのかな」

という、なかなか無謀な思い付き(笑)。

こんにちは!突然スタートダッシュのこめななです♪
みなさん「マクラメ編み」って知ってますか?

私は去年や一昨年前の出会いだったと思います。
ただ、この時はマクラメ編みという名前は知らず、
面白い編み方だな、くらいにしか思っていませんでした。

マクラメ編みという呼び名を知ったのが、たぶん今年に入ってから(遅っ💦)

そのあとの惚れ具合は冒頭の流れの通りです。
で、
「自分で作れないのかな」と思い立って調べてみると、
以外と”マクラメ編み”、”マクラメ編み 編み方”などで
ブログや動画はあるんですね。

ただ。

ただね。

私、実は驚くほど呑み込みの遅い不器用なんです。
(・・家族や友人はみな知ってますが)

どう見ても、心底意味が分からない。

となれば、あとはそういう講座などをやっているものはないかを
探していました。
なかなかリーズナブルで、自分のペースでとなると限定されてきて、
最後に行きついたのは、「ユーキャン先生」!

まさかのマクラメ編みがあった、と見つけた時は笑いましたが、
今はかなり講座内容の趣味などの分野が増えているのですね。
マクラメ編みとアロマで資料請求したのですが、
マクラメ編みは人気講座らしく、すぐの受講というわけにはいかず、
申し込んでユーキャン先生の準備ができ次第発送ということで、
実際に申し込んで教材がが届くまでに2週間くらい要しました。



マクラメ編みとは

ここまでざ~っと書いてきたのですが、
もし”マクラメ編みって何ぞや??”と思う方がいないとも限りませんよね。

ということで、少しだけこのマクラメ編みについてお話ししていきます。

(いろいろ調べてみて一番詳しくマクラメ編みについてのお話しが
記載されていた工房さんのサイトから引用します。)

マクラメ編みとは

マクラメ(Macrame/macramé)
1.結ぶこと、編みこむことで装飾・模様が生まれる編み方の技法のこと。
2.装飾的にひもを結んでものづくりをするクラフト全般のこと。
3.南米で伝統的に受け継がれる石や木と紐を合わせて作る装飾アクセサリー。

マクラメの発祥

マクラメの定義、「装飾的にひもを結ぶ」ことがどの地域で発祥したかということは、
はっきりはしていません。

中世に世界の最先端を誇っていたイスラム文化圏で発展し、
アラビア人によってイタリア(スペインという説も)に伝えられて、
ヨーロッパ各地で独自の発展をとげていった、という流れで
広まっていったとされています。

マクラメ編みの語源

「マクラメ」という言葉の語源はアラビア語とトルコ語にあります。
組紐を意味するアラビア語「ミクラマ」とトルコ語のタオルという意味の
「マクラマ」に由来するそうです。
そのルーツについては諸説がありますが、その昔、
アラブのラクダの背中に付けられた麻袋の結び方がその始まりではないかとも
云われています。

結びの装飾はアラビアを中心に発展していき、
ヨーロッパや中南米に広まっていったとされています。

日本とマクラメ

日本でも縄文時代の遺跡から、植物のつるで組んだ組ひもや腕輪が出土しています。

古来より万物すべてのものには神(八百万の神)が宿るという
独自の信仰心が芽生えていた日本では、結んでできあがった紋様に対しても
神が宿るものと捉え、天災を防ぎ五穀豊穣を祈る魔除け・呪術具として
神格化しました。

天平時代の美術工芸品を収蔵する国宝、「正倉院」にも
聖武天皇の御物(ぎょぶつ)として結び紐がまつられています。

南米のマクラメアクセサリー

南米の少数民族、インカの末裔とされるケチュア族などの間では
天然石や樹木をマクラメの技法で装飾したものが伝統的に
受け継がれているそうです。

~引用元 貴石工房 パック

ここまで見てきて不思議な感覚になったのは、
このマクラメ編みについて記載されている国々や文化、
私が幼い頃から魅かれる国や文化でもあるということ。

そういう空気を感じて惹きつけられたのかもしれません^^

後日の追加記事です。
実際にマクラメ編み、始めました♪
マクラメ編み、始めてみました!