龍でも鳳凰でもなく・・実は「朱雀」

いつの間にかバイク好き

週末、やっと休みが取れたことと勢いがついていたこともあり、せっせと七結びオルゴナイト創作タイムを繰り広げておりました( *´艸`)

まずはオーダーをいただいていたドラゴンパワーオルゴナイトから。可愛いサングァーと稲穂の束に一人うきゃうきゃしていました♬

「ピンクメインで」とのご希望だったので、ローズクォーツ多めです。初の大玉入り♡ドラゴンが大きめなので、作り上げていく際に層になっていきます。

せっかくなので、封入するお塩も浜比嘉島の塩摩利支天の塩のWパワー。画像にあるコイルがぐるぐる巻かれているものはオルゴナイトの中心に入るもの(オルゴナイトって・・何ですか??)で、よく作成させていただくチャームタイプなどはこのサイズは入らないので(;’∀’)、なるべく似た感じで作成して入れるようにしています。

気分でルチルと星砂投入( *´艸`)。作りながら何かを足したり引いたりするのはよくあることで、オルゴナイト自体とイメージしているオーダーくださった方へ最適なものをチョイスしているようです。

じゃ~ん(^^♪
オーダーいただいた主サマへ確認いただいたところ、エネルギーがぴったり合ったようで、しっかりお嫁入決まりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ローズクォーツのおかげか、私のドラゴンパワーオルゴナイトよりも優しく温かいエネルギーが強く出ているコになっています。リアルでお会いしてお渡しするので今から楽しみです。

ここからは私のオルゴナイト。

たまに自分用でピンと来た感じを作成するのですが。
今回は少し前に友人が新しく始めたセッションのモニターを受ける機会がありました。その際に「ななこさんは龍・・というより鳳凰・・や、朱雀なんですよね。そばにいるのが」というではありませんか!?

沖縄と言えば、というか、まわりも龍のエネルギーの方たちばかりなので、自然に私も龍をずっと意識していました。なので鳳凰どころか朱雀という感覚は抱いたことがなかったのです。多くの方に龍ちゃんがついている中、私に強く寄り添ってくださっているのが実は朱雀ちゃんだったということが判明(;’∀’)

朱雀とは、中国の伝説上の神獣(神鳥)で、四神(四獣・四象)・五獣の一つと言われているそうですが、龍のように記事を書いていらっしゃる方も少なく、なんとなく未知数なイメージでした。

ただ

正直、「だからかな」と納得した感覚もありました。
と言うのも、朱雀というキーワードが出た瞬間になぜかほっとした感じになったのです。そして、イメージで出てきたカラーの赤と金色(黄色)の色合いもその友人が見ている朱雀そのもののカラーで、無意識に私がチョイスしやすいカラーでもあったのです。

頑張ってアピールしててくれたのね・・(´;ω;`)

そのコ曰く、オルゴナイトもイメージする朱雀で作ると良いとのことで、具現化することでさらに強くつながることができる、と。
その日から朱雀の型や素材探しが始まりました💦

ただ、鳳凰も少ない中で朱雀は本当に無くて半ば「鳳凰で我慢してくれるかな」とか、クジャクや他の鳥の羽をくっつけて作ってみようかなど考え始めた頃に

朱雀のシールを発見(泣)
これで作り上げたものが画像のオルゴナイトになります。

てっぺんに組み込んだのは大きめのカーネリアン。なんだかさくらんぼみたいで可愛いです♡ そして面白いことに、朱雀を意識したその日から、どんどんコトが進み始めています。めちゃくちゃタイミング良いと思えることが続いたり、たくさんの出逢いがあったり。

友人は他にも「朱雀と一緒に青龍もいるのね。だから、朱雀は鋭利な感じのオルゴナイトで青龍は丸い感じで作ると良いみたい」と言っていたので、次は青龍ちゃんを召喚せねば♡

余談ですが。

一緒にいてくれている朱雀はどこまでも広がる癒しのパワーをもっていて、青龍は私が仕事で傷ついたり余計なエネルギーを使わないようガードしてくれるそうです。なので、それらを意識して配置するようにしています。

そこでふと思ったのが、私の最初の愛車GN125H。あのコ「青」だったんですよね。偶然入荷してすぐ見つけ、会いにいってひとめぼれして即購入。悩んで手放した今も本当は恋しくて仕方なく、ぽっかり抜けた感覚にずっと襲われていました。きっと、あのコその青龍の化身だったのかもしれない。そう思った瞬間に涙が出てきました。「そっか、青龍だったんだね。ごめんね」の言葉とともに、大きく私を違う世界へ連れていってくれたことに心から感謝しました。

今回、たくさんの気づきをくれた友人にも心からの感謝を込めて♡