つやっつや!
富山県の大場さんから、「送りました!」と連絡いただいてから、ここ沖縄では台風に見舞われたため、入荷が少し遅れてしまいましたが、

旅路を経て、沖縄へ到着しました。富山県産こしひかりとミルキークイーンの2銘柄の入荷です。富山県産ミルキークイーンを、最初に炊飯しました。

生産農家の大場さんは、雨や収穫直前の台風の影響で若干例年より品質が気になると話していたため、ミルキークイーンからのスタートです。

玄米ですが、大きく「これはマズイ」というものはありませんが、大場さんのお米にしては、少し着色粒が見受けられます。ただ、他の産地であればもっと多いものもあるので、地域によっての品質基準の差を感じました。

搗精し、白米にしました。
白米にすると着色もはじかれるため、ほぼ整粒になります。割れも少なく、問題ないです。

ミルキークイーンは、その銘柄の特徴で保温するともち感が強くなり、香りや色などの品質の変化は他に比べて分かりやすいと思います。
本来であれば、炊いたごはんの長時間の保温はオススメできませんが、そうも言ってられない状況もありますよね💦ですが、

あえて!

この大場さんのミルキークイーンは炊き立てを楽しんでほしいと思います。こしひかりは、また後日報告しますね。

富山県大場さんちの特別栽培米こしひかりという記事でも大場さんの想いを書かせていただきましたが、この大場さんは新刊でもお話しさせていただいています(⋈◍>◡<◍)。✧♡


お米の世界へようこそ!―今日からあなたも「ごはん党」 (経法ビジネス新書)

現在沖縄県内では、ジュンク堂さんが10/10頃に6冊入荷、うるまシティプラザさんが10/13頃に5冊入荷ということでした。あまり扱いのある書店さんがないため、私の方でも入荷しておりますので、もし県内でお時間合わせられそうな方はお問合せくださいませ!

先着10名サマへ、私の友人のお米屋さんの作成した手ぬぐいをプレゼントさせていただきます♪

大場さんのお米の好きな食べ方は、シンプルイズベストが一番。じゃこと野沢菜、カリカリ梅のふりかけが今日のお供です。