天妃前まんじゅう

Pocket
LINEで送る

IMG_0491

 

うすくて初めて触るぷにっとしたような
不思議なさわり心地でした・・

 
創業100年近いペーチン屋。
 
このまんじゅうの由来は、戦前、久米村(現在の那覇市久米)に
航海安全を祈願する天妃宮というお宮がありました。

その天妃宮の前で売られていたことから
「天妃前まんじゅう」という名前ができたということでした。

はったい粉(麦を炒って挽いた粉)でできた餡子を
小麦粉の薄い皮で包んだ懐かしい味のおまんじゅうです。

曽祖母から受け継がれてきた変わらぬおいしさらしく、
永年のファンもそのままなようです。

沖縄のまんじゅうは月桃に包むのが多いのですね。

 

IMG_0489

 

包装はしてますが、中はこうです(下画像)。
しかしながら、この包装紙も祖母の代から変わらないものだそうです。
中の餡がすけて見えるほど薄い皮につつまれた*ユーヌクは、
さっぱりとした甘みが特長。
ぷるんと弾力がありクセのない薄皮との相性も抜群です。
(*ユーヌク=麦こがし。砂糖を入れ、粉のままで、
または熱湯をそそいで練りかためたもの)
 

IMG_0492

SPONSORED LINK

 

 店名 ペーチン屋
住所  〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎2-10-14
 電話  098-832-0912
 営業時間  09:00~17:00
16時以降売り切れ次第終了
 定休日  日曜 ・祝祭日
 クレジットカード  利用不可

 

 
冷やしてもおいしい、みたいですよ^^
 
IMG_0490

 
のーまんじゅう、山城(やまぐすく)まんじゅうとならんで
沖縄の三大まんじゅうに数えられる天妃前(てんぴぬめー)まんじゅう。
山城まんじゅう
「の」まんじゅう?「ぎぼ」まんじゅう?

おまけ☆ お餅ですが、こちらは同じく首里での老舗です。
首里餅菓子店

 
まんじゅうの世界は70〜80歳で一人前という考え」だそうです。
私の属するお米でも同じことが言えるようです。
以前、五つ星マイスター試験での試験管の方に
「沖縄から来たの?いくつ?
まだ若い、まだまだこれからだよ、頑張りなさい!
この世界は70でも現役だよ。」
とおっしゃってもらったことがあります。
 
生涯現役、生涯勉強、まだまだ精進します。
 

Pocket
LINEで送る

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です