「私」に合うお米、かもしれません

お米の雑学

突然ではありますが

天ぷらに合うお米・・・?と考えてみました。

和食に合うあっさりめなお米
洋食に合うはっきりとした味わいのお米
おにぎりやお弁当に合う冷めてもおいしいお米
カレーにあうさっぱりと粒感のあるお米

など、いくつか〇〇に合うお米というのは言われていますね。

ただ”天ぷらに合うお米”となると難しいな、と思いました。
分類では和食ですが、揚げ物なのではっきりとした味わいでもいいのかなと思ったり。
でも濃いめの味付けではないので、逆に粒感のあるさっぱりめがいいのかな・・とか。

塩や日本酒には天ぷらに合うものというカテゴリーが存在するのですが、
お米だとどうなるのでしょう。。

そもそも和食というものがどういう料理なのかと考えると
ぱっと答えがでない気がします。

広辞苑では、日本風の食物。日本料理となっているらしいのですが
”日本風の食物”ってこれまた何となくアバウトです。

すしやてんぷらは昔からある和食と思っていたのですが
「すし」は稲作の伝来とともに大陸から伝わった「なれずし」がはじまりです。

てんぷらは17世紀に西洋から伝わったフリッターを
日本風にアレンジし定着したものといわれています。

このように、時代や環境に応じ変化、発展、進化してきたのが私たち日本人の和食文化です。

何気に定義の難しいこの「〇〇に合うお米」、
しばらく私のアタマを悩ませそうですが、
もしかすると根本的なものがあるのではないでしょうか。

私達が家で作るごはんは”日本風の食物”になると思います。
となると、私個人的な見解で言えば、好きなお米であれば全てに合う。
新潟こしひかりのしっかりとしたお米らしい味わい、
鹿児島特撰ひのひかりのやわらかい甘さの味わい、
だいたいそのどちらかを交互にいただいている感じです。

ひとくちほおばるごはんが「おいしい♪」と思えば
それはあなたに合うお米なのです♥
「〇〇に合うお米」
その定義で一番大切なポイントは
「私に合うお米」なのかもしれません。