沖縄の食堂。

近年「盛り方がすごい!」「メニューの組み合わせが謎」という感じでメディアなどでも取り上げられることもあるからなのか、けっこうディープな場所にも観光客の姿があったりします。

あまりにも観光地化してしまうと寂しくなる半面、沖縄の食事情を知るいい機会でもあるのかという不思議な感覚に見舞われます💦

最近、お米工場が豊見城に移転してまわりの飲食店やお弁当屋さんなどを見ていたのですが、一か所、観光地化されていない食堂を発見しました!その名は「ちゃつぼ」

なぜその由来なのかまでは聞くことができませんでしたが、メニュー内容や価格はもちろん、お店の看板おばちゃんも満点♪久しぶりに「良いね~」と言える食堂でした。

こちらがメニュー。

カレーライスが300円
とんかつ定食400円

・・・この驚くほどのリーズナブルさに加え、メニューの多彩さも人気の秘密なのでしょうね。

さらに驚いたのは、辺鄙な場所にもかかわらず、持ち帰り弁当で注文していく人がまず多い!来店もひっきりなし(店内が小さく駐車場もほぼ無い様子なので、確実なのは電話注文なのでしょう。)! お昼時間には「30分くらいは待つよ~」と言われても待っちゃう人がいたり、「本当にこの値段ですか・・安いですね」と感動する人がいたりでした。

チーズに負けて注文したチーズかつ丼!
(妙にインスタ映えしてませんか♪ それがどこのお店でもfoodfhotoの場合はスマホで食べ物をおいしそうに撮るコツを意識します。)

めっちゃ旨い!!

ただ、半分くらいから苦しんでおりました(;^ω^) みなさん、心して召し上がってくださいね。22年の歴史は、伊達じゃない。

昔ながらの王道な食堂。今回私が思ったのは、そこにいた看板おばちゃんの「お母さん」のようなオーラと、さりげない気遣いが愛される秘訣ではないかということでした。

要は「人間力」ですよね♥

「ちゃつぼ」

予約・お問い合わせ :098-856-2528
営業時間:10:30~15:00
定休日:日・月・火
住所:沖縄県豊見城市字嘉数682


このあと、あまりの満腹で「かぁさん、夕飯いらない💦」となったので、一人だけおいしいのいただきましたの罪滅ぼしに、最近覚えたアヒージョを夕ご飯にしました。

「おうちゴハンでアヒージョは、少し贅沢な気分になるはず・・( *´艸`)」という母の目論みは、もしかするとばれていたかもしれませんが。

あわせるパンも用意しましたが、さすがわがムスメ、ごはんと合わせてくれていました。