先日、タイ米をいただきました。

日本だけでなく、世界中でお米は作られているのはご存じの通りです^^
世界で2万種類以上の品種があるといわれているのですが、
大きく3種類に分けることができます。

世界のお米、大きく分けて3種類

タイ米をおいしく炊く方法

世界のお米、どのくらい知ってますか?
日本のお米だけでも2017年時点で500種以上とされています。
世界では2万種以上と言われる品種・・。
ぜひ食べてみたいものですし、願わくば、その各地を渡り歩きたいものです。

さて、日本のお米であれば「うるち米」「もち米」という風に分けるのですが、
世界バージョンだとどうなるのでしょうか。

ジャポニカ種

日本・朝鮮半島・中国東北部・ヨーロッパの一部などで主に作られているお米。
短く円形に近く、たくとねばりとつやが出ます。アメリカやオーストラリアでも作られています。

インディカ種

中国の中南部・タイ・ベトナム・インド・マレーシア・バングラデシュ・フィリピンやアメリカ南部などで
主に作られ、生産量は世界で最も多いお米です。
細長く、たくとパサパサした感じでピラフやカレーによく合います。

ジャバニカ種

アジアの熱帯高地・アメリカ・ブラジル・イタリア・スペインなどに多いお米です。
米粒自体の幅が広く、大粒なのが特徴です。

 

「米騒動」から日本人は、タイ米はおいしくないというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

ここ最近はタイ料理やインド料理の店も多くて、
インディカ米(いわゆるタイ米)を食べる機会も多くなってきましたが、
あんまり好きじゃないという人も多いようです。
なので、店によっては日本のジャポニカ米を使っている店もありますよね。

このインディカ米(タイ米)は「香り米」とか「ジャスミンライス」と称されているのですが、
ジャスミンのような香りがするわけでなく、「いい香りがする」の象徴として
ジャスミンと名付けられているようで、炊飯器で炊いているときに、
穀物特有の甘い香りが漂ってきて、「これ本当に米?」と思ってしまうほどです。
(とうもろこしの甘い香りを凝縮したようなカンジです)

今回いただいたものはジャスミンライスという、香りの強めのもので、
湯炊き開始5分ほどで、香ばしいかおりが立ち込めました。
個人的には、すごく好きな香りです。

・・・お米の香りが苦手な方は、注意が必要なレベルです(笑)

SPONSORED LINK

タイ米の炊き方

タイ米の上手な炊き方とは?

長粒米(タイ米)の炊き方「湯取り法」

突然ですが、タイ米は炊く前の「洗う(研ぐ)」という必要がありません。

では、何故研がなくていいのでしょうか・・・。

そもそもお米を研ぐ習慣は、ぬか臭を取り除くための作業。
でも香り米は、素晴らしい芳香によってぬか臭をも感じさせないので、
基本的には研がなくてもいいお米だといえます。

ちなみに香り米の場合、肌ぬかと米表面に最も香りがあるため、
あまり研ぎすぎると香りやビタミンが落ちてしまうので、炊飯前には研ぐというより
「すすぐ」ために一度だけの洗米で充分なんですよ♪

では、「タイ米の炊き方」いきます!

SPONSORED LINK

まず、タイ米を炊くものとして、炊飯器ではなく「鍋」を用意します。

①フタのできる鍋に湯を沸かします(お米に対してたっぷりの湯量にしてください)。
沸騰したらお米を投入します。あとで湯を切るので、洗米はしません。

②時々混ぜながら7~8分茹でます。
少し芯が残るくらいのところで火を止め 一旦ざるにあけて湯を切り、鍋に戻します。
(今回、蓋を少しずらして湯を切ってみたところ、大丈夫でした)
再度弱火にかけ水分を飛ばすように軽く混ぜ パチパチなったら火を止めます。

③フタをしてそのまま5~10分蒸らします。
お米は必要な分だけ、計量しなくても大丈夫なんです。少量でも炊けるのも魅力ですね。

一括りに長粒米といっても原産国、品種が違えば炊飯の水加減が違います。
湯取り法なら水加減を気にせず炊けるので、簡単に炊くことができます。

タイ米の炊き方とコツ・ポイント

タイ米の炊き方は、お米に対して水量がたっぷりあれば
お米の量も水の量も、実に適当・・。

タイ米を蒸らすことを考えて 少しだけ硬めに湯を切るタイミングを見極めましょう。
タイ米は鍋で炊いた方が、炊飯器で炊くよりもずっと早く
お好みの硬さに炊けるので、失敗知らずです。

タイ米は、カレーやピラフにぴったり!日本のお米とは違う美味しさです。
グリーンカレーだと、ココナッツミルクとも引き立て合う、抜群の相性♪
ちなみに、香りフェチな私は「おかゆ」でも楽しめました。

 

タイ米の良さ!?

タイ米のカロリー、これも気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
普段食べている日本のお米とタイ米では、タイ米の方が若干低いとされています。

タイ米と日本米(100あたり)のカロリーを比べると、
タイ米が354カロリー、日本米が356カロリー”ほどになります。
100gあたり(炊飯後の茶碗1.5膳)タイ米の方が2kcalほどカロリーが低いみたいですよ。

2kcalですが・・・・

栄養価としてはタンパク質・カルシウム・リンは日本米の方が高いようですが、
タイ米は食物繊維が豊富らしいです。

また、タイ米の良さとしては、少量で直ぐお腹が一杯になり満腹感が得られ、
食物繊維が多いということから、大腸まで届く食物繊維の量も、
日本米と比べて非常に多いです(便量が増える→便秘によい)。

食物繊維が大腸に行く量が多くなると、その分カロリーも減って、
しかも善玉腸内細菌の餌が増えるため、善玉菌が増えることになります。

すると善玉菌が”お礼に”といって、その代謝産物として、
健康に大いに寄与する酪酸やビタミン類その他、
抗癌作用や抗菌作用がある抗酸化物質を作ってくれ、免疫も向上するのだとか。

また、タイ米は血糖値を上げるGI値がビックリするほど低いようですよ。

それらを踏まえて、「冷やご飯ダイエットはタイ米で行うとさらに効果的」ともされています。
ただ、冷えると香りは良いのですが、食感自体はかなりぱさぱさになってしまうので
どのお米をチョイスするかは、自己判断でお願いします(▽//:)。

<関連過去記事>
冷やご飯ダイエット
ごはんダイエットのススメ

SPONSORED LINK