もち麦とは

鹿児島県産ひのひかり、新米入荷しました♪

早期米のミルキークイーンの品質には少し泣かされましたが
そのあとから出てきているお米は安定しているようで安心しています^^

今年の鹿児島県産ひのひかりは、なかなか良いです♪
しっかりしたもっちり感に甘みがあり、もともとの
「こしひかりに似た」ひのひかりらしい特徴がしっかりと出ている感じです。




秋になり、ご飯がおいしい「新米」の季節がやってきました。
この時期は、栗やイモ、梨など、おいしい食材が旬を迎えます。
魚も脂ののったものが出てきますね。

さて「食欲の秋」とは、何でしょう。

昔は、冬に食料が減ってしまうことがあったため、秋に脂肪を増やすことは大切でした。
秋は、冬に向け栄養を蓄え、脂肪という防寒着を増やす季節だったのです。
ここで栄養をつけることで、人間は寒さに強いカラダを作ってきました。

ところが、現代は一年通して、食欲の誘惑がたくさんあります。
つまり、秋にもりもり食べていると、肥満につながってしまいます。

現代において、この時期は少しでも肥満を抑えたい。
秋口に増える、糖質の多い食べ物を抑え、早食い、食べ過ぎにも注意が必要です。
そのためには、食物繊維をしっかり取りたいところです。

そこで、おすすめしたいのが、もち麦です。

「もち麦」とは

もち麦とは、麦の一種。プチプチ、ムニュ・ムニュとした食感が楽しく、噛みごたえがいい食材です。

SPONSORED LINK

食物繊維が豊富で、ゆっくり噛むことのできる食材としては、玄米や雑穀が有名です。
ただ、玄米独特の風味や食感が苦手という方もいるようですよね。
こういう方は、ぜひ、もち麦にトライしてみてください。

もち麦は、白米に混ぜるだけの、普段みなさんがご存じの雑穀米と
使い方は同じです。
もち麦の噛みごたえを感じながら、食べていると、自然に一粒一粒をしっかりと噛むようになりますよ^^

もち麦が優秀なのは、食物繊維の量です。
100グラム中に12グラムと、食物繊維が圧倒的に多く含まれます(はくばくHPより)。
ちなみに、玄米に含まれる食物繊維は3グラム、白米は0・5グラム(日本食品標準成分表より)
ですので、もち麦の優位性は明らかです。

例えば、おにぎりの中にもち麦が入ることで、食物繊維がとれ噛みごたえが出ます。
これにより、早食いを抑え、食べすぎを防ぐ効果も期待できるというわけです。

実際に食べ始めると、この食感にはまる方も多いはず。

独特の食感を楽しみつつ、素材の味を楽しみながら、しっかりと噛むようにしてください。

もち麦も、そのおにぎりの具材も、食材というのは噛めば噛むほどそれぞれの
「味」がまとまり、お米の甘みを感じることができます。

食べ過ぎを反省している方、こうしたおにぎりで、早食い、食べ過ぎを少し意識することも大切ですよ。

↓こちらのレシピもおススメです♪
美肌に、疲れに|お米でできること

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 坪井るみ子 より:

    初めまして、こんにちは。
    お米に関していろいろ検索していたら、此方のブログと出会いました。
    私は、1人暮らしで手軽な粉ものなどパンばかり食べる生活でした。いまもその傾向がありまが、、、笑。
    最近、知り合いの方から、千葉県産の「ふさこがね」というお米をいただきました。ご存知でしょうか。
    久しぶりにお米を食べると甘くてとても美味しかった〜。
    家族で暮らしていて、もりもりお米を食べていた子供時代を思い出しました。
    此方のブログを拝見していたら、ますますお米に興味がわき、好きになりました。
    更新、楽しみにしています。

    • こめなな より:

      坪井さま
      はじめまして、コメントありがとうございます!
      「家族で暮らしていて、もりもりお米を食べていた子どもの頃を思い出しました」
      という嬉しいお言葉をいただき、嬉しく思っています。
      “記憶に残るごはん”を思い出に持っているということは
      すごく幸せなことだと私自身が感じてきたことでした^^

      気ままな更新ではございますが、今後ともよろしくお願い致します!