お米一覧

お米マイスターの、中学校でのキャリア教育

いろんな人と逢っていろんな話を聞いて、たくさんの本と出逢ってたくさんの広い世界や世界観を知って、「自分」を大きくしていってほしいと思います。 今回すぐに結果や道を子どもたちが見つけるのは難しいことです。けれど、「こんなことがあった」「こんな大人がいた」などということで思い出す言葉や気持ちがあるはずです。 近い将来、今ある仕事が機械化され、無くなる職種があるはずです。しかし、そこには新しく誕生する仕事もあるはずです。もしかすると今日のこの中に、新しく仕事を創造していく子どもがいるかもしれません。 そんなたくさんの「未来」へ残せる「記憶」の1つになれますように。

酵素玄米?寝かせ玄米?

白米と比べると玄米には約6倍もの食物繊維が含まれています。 お通じが良くなり老廃物を排出、デトックス効果も期待でき、 玄米と一緒に炊く小豆には細胞の老化を防ぐポリフェノールが多く含まれているため、 アンチエイジングにも効果大というのが魅力。 その玄米を食べやすく効果的に栄養を取り入れることができる「寝かせ玄米」についてのお話しです。

米の無関税 どう思う?

現在、中間を通さず自分で販路を切り開く農家も増えてきています。 準じて中間業者は厳しくなってきています。 ただ、「米」や「農家」という観点からすると、 それは、自身の商品品質に自信があるということと体質強化にもつながるものです。 そういう切り開くチカラを持つ方々が日本の「米」を守り、「味」を伝えていくのだと考えています。

お米と共に。

今、ここにこうしている私は 「お米」との出逢いがあったからこそのもの。 「お米」を通して人と出逢い、「お米」から様々なものを学び、「お米」と共に歩んできた道。 食育指導士・フードコーディネーター・ナチュラルフードコーディネーター、 そしてお米マイスターを取得してきましたが、全ては「お米」を知ってほしくて 私にとって必要な学びだったと感じています。

沖縄、稲作ルーツ巡り

沖縄の稲作や、その発祥の地を綴ってまいりましたが、そこからどう広まっていったのか?などの数々の疑問が残り、以来、その玉城村(南城市)周辺でお話を聞かせていただけそうな方や文献を探していました。そこで、大里村庁舎の市史編さん課の方にお話しを伺うことができ、お米マイスターが、自身の島の稲作ルーツを求めて綴っていきます。

「ウチナ-紀聞」撮影終了♪

「沖縄県産米、新米シーズン入ります!」でお話した取材を兼ねての講座の撮影が、 無事終了しました。 米」を「米」の目線でしか見なければ「米」でしかない。そのものに惚れることができなければ伝えようとする相手には、その良さは数百分の一でしか伝わらないのかもしれない。私のそんな想いは伝わるだろうか。

「お米を使った簡単朝食作り」in金武町

食育とは、当たり前の毎日の生活でできるもの(継続できるもの)でなければ 意味がありませんし、特別な存在では本来のねらいとはかけ離れてしまうものです。 疑問に感じていることや、まわりの質問ではじめて「そういう考えもあるんだ」 とシェアできたりすることが、このような講座という形の存在意義だと思います。