お米一覧

ギフトを企画・商品化するうえで大切な目線とポイント

贈り物というのは、贈る側もいただく側も笑顔になれるものです。 本来、なれ合いで贈るものではありません。 ”ものづくり”とは、その”もの”をそれだけの目線でのみ見てしまうと成長はしません。 「お米」を「お米(単なる商品)」としか見てないうちはその「お米」は「お米」でしかありません。 でも、そこにそれ以上の見方が加わると、実はさらなる可能性をもつものになるのです。

沖縄の十五夜は「ふちゃぎ」で決まり!

先日、ごはんでおはぎを作ったのですが 今回はその変化球、「ごはんDEふちゃぎ」です(笑)。 ごはんでおだんごを作るというレシピは以外にもけっこう検索できました。 本当はきな粉をまぶしたいとこでしたが、十五夜。 スーパーでもけっこうふちゃぎが並んでいたり、あずきのコーナーは 売り切れも目立つほど。。であれば、ふちゃぎでいきましょう♪

春色ギフト、いかがですか

トゥシビーと言われる生年祝い(十三祝・還暦祝・生年祝・古希祝・米寿祝など全般)や旧正月、そして3月の高校合格祝や4月の小学1年生の入学祝などなど。沖縄(特に中部地域)では、お祝いなどのお返しでは今でもお米を贈る文化があります。