なならいふ。

お米やごはんのお話、食育情報、旅行記や最近のお気に入りなどをお届けします。

「お米の雑学」の記事一覧

その不調、簡単なコツで良くなるかも!?

”未病ケア”という言葉が取りざたされてしばらく経ちますね。 この言葉が出るということは、どんなに睡眠や食べ物に気を使っても、 頭痛、腹痛、疲労が抜けない、という悩みを持つ現代人は多いのではないでしょうか。 そんな私達の日本の食卓に合った健康的な食事のコツ、それは 「和食中心」の食事にする、に尽きるのではないでしょうか。

知っておこう!朝食に摂っておきたい5つの栄養素

「健康のために野菜を食べなければ‥」 と思いつつも、食欲が湧かなかったり、料理を作るのがおっくうだったりと、 ごはんにちょっとした副菜で食事を済ませてしまったりしていませんか? 「偏った食生活を続けていれば、年齢を重ねていくにつれて健康に様々な影響を与えます。」 そう、頭では分かってはいるけど、どうすればいいのか分からない…。 ”大切だとわかっていても朝食に何を食べたら良いか” そう悩む方も多いのではないか?というところから、今回お話ししようと思います。

「米」に携わる質問の奥深さ・・

バケツ稲、とうとう収穫を迎えました。 「収穫してすぐ食べられるわけではないんですね。」そうつぶやいたスタッフがいました。 当たり前に食べているごはん。そのお米には八十八の手間がかかるという意味合いも込められて 8月18日はお米の日とされているほどです。 バケツ稲はそんな八十八の手間をかなり短縮したものにすぎません。 しかしながら、そういうお米ができるまでを知らない人や子供たちにとっては良い経験になります。 今回は、その収穫の様子から「なぜ米という漢字になったのか」までさかのぼってお話ししています。

バケツ稲に育つもの~生き物編

バケツ稲へ取り組むことで、土の中に育つ生き物や普段食べているお米を見る目。 稲の花が咲くころには自分が手をかけているものを慈しむ心が生まれるでしょう。 稲穂まででて収穫をする頃には、今まで当たり前に食卓に並んでいたごはんの見方が変わることでしょう。 カラフルな野菜類も育て甲斐はありますが、主食と言われる「当たり前のお米(ごはん)」にも 目を向けてみると、また違う結果が生まれるかもしれません。 これも「食育」の1つではないでしょうか?

「小麦粉断ち」の効果は肌にも現れる!

アレルギー対策で妊婦さんが小麦をやめて全食完全米飯へ切り替えて 痩せた&お肌の調子も良くなった、というお話をリアルで聞く機会がありました。 以前から耳にはしていましたが、これまでちゃんと向き合ってなかったかなと思い、 「小麦粉断ち」という内容について、今回調べてみることにしました。

「バケツ稲は難しい?」苗、到着編

バケツ稲を学校谷で行うことも増えてきたのではないでしょうか。 今回、鹿児島の米農家さんのご厚意で、大切な苗を分けていただきました。 それをもとに、弊社スタッフもバケツ稲を開始することに♪ 初チャレンジのバケツ稲、初めて取り組む方の参考にもなれば幸いです。

冷やご飯に合うメニューレシピ!お弁当にもぴったりな一品とは

冷やご飯ダイエットは、何か1つのものをひたすら食べる ダイエット法ではありません。 冷やご飯と合わせるおかずは、いつも通りに食べて良いようです。 ですから、栄養バランスを崩すことなくダイエットをすることができます。 今年は冷やしたごはんで無理なくダイエットに取り組んでみませんか?

おにぎりis my life♡

雑穀類にしても玄米にしても、 「すべてにおいて好みがある」ということは覚えていてください。 自分の好みを見つけて、お米をしっかり食べてのダイエットを 楽しんで欲しいと思います。

おいしい水、体に良い水、お米を炊くときに最適な水。「水」について考えてみましょう。

本土からお客様がいらっしゃると、 「沖縄ってお水屋さんが多いんですね~」と言われるくらい 沖縄では水を買う、ということは一般的なのかもしれません。 私も工場にいた時から水は欠かせなくて、2ℓボトルを常備してました。 ただ、あまり活動レベルが大きくない場合には飲み方も変えていく必要はあるようです。 それまで、普段何気なく「軟水ならいいだろ」くらいにしか 選んでなかったお水ですが・・ 縁あって今の職場になって初めて、恥ずかしながら炊飯以外で “水”に興味をもちました。
お米の成分を利用した化粧品やサプリメントはこんなにある

お米成分を利用したものは、日本人に合うスキンケア♪

健康な肌の角質層にはセラミドが満たされていますが、年齢を重ねると減少します。 肌がカサついたり、紫外線やちょっとした肌の刺激が気になるのは、 セラミドが主要成分であるバリヤ機能が、弱くなったからです。 そうした、乾燥肌や肌荒れをおこした肌に、米セラミドを補うことで、 人が持つものと似ているだけに、肌のバリア機能としてより有効に働いてくれます。

韃靼そばをお米と炊く!

偶然、お茶を扱う知人から「韃靼そば茶」なるものをいただきました。 てっきりお茶っ葉なのかと思いきや、“実”ということを知り、さらにその知人から 「ごはんに混ぜて炊く」というのを教えていただき、好奇心度UP(笑)♪ さらにさらに・・その際にいただいた飲み方や韃靼そばの効果などを記載した用紙をみて 正直驚きました。

もち麦、ダイエットに良いんだって

フジテレビで放送された、「もち麦」で取り組んだダイエット方法を紹介していた番組では、虻ちゃんこと虻川美穂子さん(41歳)が、もち麦腸活ダイエットに挑戦。 虻ちゃんの悩みは7kgも増加してしまったという「産後太り」。 その結果が・・ウエスト マイナス13.5cm!! もち麦がなぜダイエットに良いのか、その方法などを調べていきます。

「私のお薦めはごま油のオイルおにぎり!」そんなオイルおにぎりの人気の秘密とは!?

「オイルおにぎり」とは、ごま油やオリーブオイルを使ったおにぎりのこと。 「オイルおにぎり」はさめても固くなりにくいので、お弁当や作り置きにも本当におすすめです。 私もお昼用に持っていくことがあるのですが、ごま油におかかバージョンは、 香ばしくて食欲も増します。 話題のおにぎりダイエットや冷やごはんダイエットにもなり、一石三鳥にも!? そんなオイルおにぎりについて、お話していきます。

お米を食べて結果にコミット(笑)

「やせるには朝食の炭水化物が不可欠」と、私は思っています。 カラダのガソリンと言われ、燃料となりスムーズに体温を上げて活動的になります。 最近、野菜や果実のスムージーを朝食代わりにする人が増えましたが、 それでは燃えるものがなく、実は冷えやすくなってしまうのです。 今回はダイエットについて考えてみたいと思います。 ご興味のある方はお付き合いください。

1月17日は「おむすびの日」‼︎

1月17日は「おむすびの日」♪ 毎日、けっこう何かしらの記念日なるものが制定されているのですが、 やはり米やごはん関連は気になります^^ 1月17日におむすびの日と制定されたその意味をご存知でしょうか? おむすびの日 1 […]

お正月のしめ縄について

2015年も終盤、 150gの魚沼こしひかり入り 約1合分ですね こちらも150g入り、 中身は熊本県森のくまさんでした。 バラ売りがこれしかなかったのですが 大きな箱入り(12個)は干支の猿とそれぞれの七福神が 描かれ […]

お正月の稲穂|稲穂飾り

東急ハンズで見つけたお米です^^ それぞれ150g(1合)入りで縁起ものっぽい感じに 思わず買っちゃいました♪ お正月の稲穂の飾り物 稲穂は実りの秋のイメージが強いですが、 お正月の飾りとしても使われます。 「新しい年も […]