沖縄の田園風景は、離島や名護市だけじゃない!恩納村と金武町でも見れます!

以前、小学校でバケツ稲を行ったときにも 最初は「泥」や「土」へ不快感を示す子どもも少なくありませんでした。 2月から稲作を開始していきますが、 ここ沖縄本島では4月ころからピークを迎えます。 それと同時に、各地で関連イベントも開催されますよ。

冷やご飯に合うメニューレシピ!お弁当にもぴったりな一品とは

冷やご飯ダイエットは、何か1つのものをひたすら食べる ダイエット法ではありません。 冷やご飯と合わせるおかずは、いつも通りに食べて良いようです。 ですから、栄養バランスを崩すことなくダイエットをすることができます。 今年は冷やしたごはんで無理なくダイエットに取り組んでみませんか?

沖縄伝統行事の「ウマチー」と「カシチ―」とは

基本的にウマチーは“お祭り”という言葉から来ているようで、 麦や稲の初穂や収穫を祝うお祭りです。 中でも大きいのは旧暦5月15日の“5月ウマチー(ぐんぐわちうまちー)”。 この日は門中総出で御嶽やムートゥヤー(元家)の健康や繁栄のウガミ(御願)を するようです。 昔は農耕で生活が中心だったので豊作祈願も含まれていたようですよ。 また、門中だけでなく集落のノロ(祝女)やカミンチュ(神人)も同様に お祝いしたとのことです。

おいしい水、体に良い水、お米を炊くときに最適な水。「水」について考えてみましょう。

本土からお客様がいらっしゃると、 「沖縄ってお水屋さんが多いんですね~」と言われるくらい 沖縄では水を買う、ということは一般的なのかもしれません。 私も工場にいた時から水は欠かせなくて、2ℓボトルを常備してました。 ただ、あまり活動レベルが大きくない場合には飲み方も変えていく必要はあるようです。 それまで、普段何気なく「軟水ならいいだろ」くらいにしか 選んでなかったお水ですが・・ 縁あって今の職場になって初めて、恥ずかしながら炊飯以外で “水”に興味をもちました。

お米成分を利用したものは、日本人に合うスキンケア♪

健康な肌の角質層にはセラミドが満たされていますが、年齢を重ねると減少します。 肌がカサついたり、紫外線やちょっとした肌の刺激が気になるのは、 セラミドが主要成分であるバリヤ機能が、弱くなったからです。 そうした、乾燥肌や肌荒れをおこした肌に、米セラミドを補うことで、 人が持つものと似ているだけに、肌のバリア機能としてより有効に働いてくれます。

韃靼そばをお米と炊く!

偶然、お茶を扱う知人から「韃靼そば茶」なるものをいただきました。 てっきりお茶っ葉なのかと思いきや、“実”ということを知り、さらにその知人から 「ごはんに混ぜて炊く」というのを教えていただき、好奇心度UP(笑)♪ さらにさらに・・その際にいただいた飲み方や韃靼そばの効果などを記載した用紙をみて 正直驚きました。

米の栽培方法による味の違いとは

お米を味わうとき、私的にはどうしても、 その作り手の農家さんの特徴が、そのお米の味に出ているようなそんな気がしてなりません。 お米の味は、品種でももちろん違いますが、栽培方法でも生産者でも違ってくるものです。 今回は、いくつかの農家さんのお話しを混じえて紹介していきます。

もち麦、ダイエットに良いんだって

フジテレビで放送された、「もち麦」で取り組んだダイエット方法を紹介していた番組では、虻ちゃんこと虻川美穂子さん(41歳)が、もち麦腸活ダイエットに挑戦。 虻ちゃんの悩みは7kgも増加してしまったという「産後太り」。 その結果が・・ウエスト マイナス13.5cm!! もち麦がなぜダイエットに良いのか、その方法などを調べていきます。

ハワイとお米

沖縄とは気候や観光も似ていて、沖縄からの移住者も多いハワイ。 今でこそ沖縄の「ポーク卵おにぎり」と愛されるおにぎりは、ハワイのスパムおにぎり。 何かしら関連の多い、そのハワイのお米文化を調べてみました。

「私のお薦めはごま油のオイルおにぎり!」そんなオイルおにぎりの人気の秘密とは!?

「オイルおにぎり」とは、ごま油やオリーブオイルを使ったおにぎりのこと。 「オイルおにぎり」はさめても固くなりにくいので、お弁当や作り置きにも本当におすすめです。 私もお昼用に持っていくことがあるのですが、ごま油におかかバージョンは、 香ばしくて食欲も増します。 話題のおにぎりダイエットや冷やごはんダイエットにもなり、一石三鳥にも!? そんなオイルおにぎりについて、お話していきます。