4yuuu! 連載第二弾は「朝ごはんの大切さ」についてのお話しです。

「朝ごはんはなぜ必要なのか」
朝ごはんは大切だとよく耳にすると思いますが、それに対しての意識はどのくらいあるのでしょうか?
4yuuu!は比較的若いママ読者も多いので、これからの子育てに活かせるようにと、
朝ごはんについて今一度見直すきっかけにでもなってくれればと思い、内容を決めました。

おにぎり講座in浦添市

プルメリアの甘い香り漂う中、 先日のお休みに、浦添市中央公民館・分館にて おにぎり講座を開催させていただきました。 今回は夏休み企画として、いつもの親子だけではなく おじいちゃん・おばあちゃんも募集だったこともあり 三世

バケツ稲に育つもの~生き物編

バケツ稲へ取り組むことで、土の中に育つ生き物や普段食べているお米を見る目。
稲の花が咲くころには自分が手をかけているものを慈しむ心が生まれるでしょう。
稲穂まででて収穫をする頃には、今まで当たり前に食卓に並んでいたごはんの見方が変わることでしょう。
カラフルな野菜類も育て甲斐はありますが、主食と言われる「当たり前のお米(ごはん)」にも
目を向けてみると、また違う結果が生まれるかもしれません。
これも「食育」の1つではないでしょうか?

2月28日お米講座あります☆

最近は友チョコにもチカラが入るようなので ムスメに付き合って、昨日は夜中までチョコ作りに励んでいました(笑)。   ・・おかげで力作(だと思っています)ができました☆   今朝出勤すると、「はい♡」と

学力アップを目指すなら

  子ども達の小さい頃は学校行事で豆まきの節分などで にぎわっていましたが、ここ数年は、もっぱら恵方巻き。 そう、願いを込めてその年の方位に向いて太巻きを食べる “アレ”です(▽//) だいぶ浸透してきています

土鍋ごはんの炊き方

  約6000~7000年前。 縄文時代の狩猟民族から農耕民族へ移行していく際に 雑穀を雑炊のように煮ることを人々はおぼえました。 この時からこれらを煮るために土鍋が登場しました。 じっくり熱が伝わる土鍋でご飯

お米だってここまでできる

ムスメがプラ版で作ってくれたものです♪ 「何か・・米助描いて」 と、白紙を差し出され、勝手に名付けられていたお米くんを描き ムスメに託したものが仕上がってきました(笑)。 なかなか素敵。 このお米粒キャラ、会社では「こめ

親子おこめ講座in沖縄市

「おむすびでココロの栄養チャージ」と題して 先日、沖縄市の公民館にて講座を開催させていただきました。 参加人数、親子講座では過去最多18組。 担当の方から「前回と同じ感じでお願いします^^」とあったのですが 前回は5組。