富山の米農家さんの田んぼ風景

米農家さんの様子が、鹿児島県と富山県から届きました。

「米の価格が下がりすぎて、米農家は儲からない・・」など、
米農家が抱える現状を紐解けば、たくさんの問題や悩み、見えてくる課題があるはずです。
その中で、こうしてしっかり消費者へ伝わるようにと願いを込めてお便りをくださる気持ちに、
私はまた「頑張ろう!」と思わずにはいられません。

朝にごはんがなぜいいのか、それが今見直されています!

高校生の朝食、ごはんがパンを抜いたということで考える「朝ごはん食」への意識変化

「早寝・早起き・朝ごはん」という取り組みの延長戦上で依頼を受けることも多い
朝ごはんにおにぎりを、の講座依頼が今年もやってきました。
それを踏まえて、各団体や学校などの教育機関が頑張ってきた運動が実を結んできた、
と考えていいのかを調べている途中ではありますが、日本農業新聞で今月5日、
”高校生の朝食、「ごはん」が「パン」抜き1位に”という興味深い記事が掲載されていたようです。

「米」に携わる質問の奥深さ・・

バケツ稲、とうとう収穫を迎えました。
「収穫してすぐ食べられるわけではないんですね。」そうつぶやいたスタッフがいました。
当たり前に食べているごはん。そのお米には八十八の手間がかかるという意味合いも込められて
8月18日はお米の日とされているほどです。
バケツ稲はそんな八十八の手間をかなり短縮したものにすぎません。
しかしながら、そういうお米ができるまでを知らない人や子供たちにとっては良い経験になります。
今回は、その収穫の様子から「なぜ米という漢字になったのか」までさかのぼってお話ししています。

玄米ごはんのおいしいアレンジレシピとは

「冷やごはん」に再注目です。

この講座風景は、2016年6月22日(金)の、OTV「イチキロヘラス!」にて6時15分~放送されました。
「冷やごはんについて調べていると、渡久地さんに行きつきまして」とディレクターさんからの問い合わせがあり、その内容で取材したいとの依頼があってのスタートでした。
糖質制限や炭水化物抜きダイエットが蔓延している社会背景がありながら、
このような特集を組んでみようというメディアサイドの心意気にも嬉しく思います。

人生は欲張り勝ち

ムスメの写真には、私と違う視点があり いつも感動していただいております。 写真を撮る、絵を描く、などが好きなムスメ。 まだ思い描く仕事には就けていませんが、いつか自分の道を創る、と 私は思っています^^   仕