見えないこだわり~口中調味はなぜ大切だと言われているのか~

口中調味は日本人の繊細な味覚と健康を支えてきた食べかた。
すこしだけ、いつもの食べかたを意識してみませんか?
食育、と考えると広すぎて難しくなってしまうのですが、
大切なポイントは「毎日の中でできること」です。
ぜひ、お子様をお持ちの方には考えていってほしいことの1つでもあります。

その不調、簡単なコツで良くなるかも!?

”未病ケア”という言葉が取りざたされてしばらく経ちますね。
この言葉が出るということは、どんなに睡眠や食べ物に気を使っても、
頭痛、腹痛、疲労が抜けない、という悩みを持つ現代人は多いのではないでしょうか。
そんな私達の日本の食卓に合った健康的な食事のコツ、それは
「和食中心」の食事にする、に尽きるのではないでしょうか。

知っておこう!朝食に摂っておきたい5つの栄養素

「健康のために野菜を食べなければ‥」
と思いつつも、食欲が湧かなかったり、料理を作るのがおっくうだったりと、
ごはんにちょっとした副菜で食事を済ませてしまったりしていませんか?
「偏った食生活を続けていれば、年齢を重ねていくにつれて健康に様々な影響を与えます。」
そう、頭では分かってはいるけど、どうすればいいのか分からない…。
”大切だとわかっていても朝食に何を食べたら良いか”
そう悩む方も多いのではないか?というところから、今回お話ししようと思います。

「米」に携わる質問の奥深さ・・

バケツ稲、とうとう収穫を迎えました。
「収穫してすぐ食べられるわけではないんですね。」そうつぶやいたスタッフがいました。
当たり前に食べているごはん。そのお米には八十八の手間がかかるという意味合いも込められて
8月18日はお米の日とされているほどです。
バケツ稲はそんな八十八の手間をかなり短縮したものにすぎません。
しかしながら、そういうお米ができるまでを知らない人や子供たちにとっては良い経験になります。
今回は、その収穫の様子から「なぜ米という漢字になったのか」までさかのぼってお話ししています。