お米論

お米マイスター

ポータルサイト「4yuuu!」連載開始です!

主婦向けポータルサイト「4yuuu!」への連載が決まりました。 お話しさせていただくのは、もちろんお米情報。 主婦ならではの目線でお話しさせていただけるよう、頑張ります!
「お米」のおいしいレシピ

人気沸騰中のごはんのお供とは!?

みなさんの「ごはんのお供」は何でしょう? ネットでも人気なごはんのお供シリーズが続々登場しているようです。 今、いったいどいういうものが人気のごはんのお供になっているのかを調べて見ました。
お米論

世界食糧デーキャンペーン「おにぎりアクション2016」

2016年10月11日より、世界食糧デーキャンペーン「おにぎりアクション2016」がスタートしました。 twitterなどのSNSで、#OnigiriActionとハッシュタグをつけて おにぎりの画像を投稿すると、協賛会社からアフリカの子供達の給食5食分に相当する 100円が寄付されます(11/30まで)。
お米論

「おいしい、に目がない」で良いと思います♪

富山県の若き米農家三代目、大場さんのお米。 毎年仕入れをさせていただいていますが、今年も新米の季節がやってきました!
お米論

富山県から新米到着、農家さんから続々と産地情報届きます!

鹿児島県から田んぼの様子の画像が届きました。 富山県からは新米入荷! 忙しくも心躍る旬の季節がやってきました!
お米関連のグッズ

ハリオのガラス蓋ごはん釜、買っちゃいました。

土鍋で炊くごはん、最近”アツイ”土鍋! (検索でも増えてきました。) お粥とか、炊き込みご飯なんかも、土鍋で作れちゃうのです。 一応、米を炊くための土鍋ではあるのだけれども、普通にそれ以外の料理も作れそうですよ。
お米論

ハッピーモア市場

2010年が初めてのご縁のお店でした。 (過去記事) ⇒今月は「食育月間」 ⇒ハッピーモア、なう♪ そしてさらに、2013年、南城市知念にあります西大学院にて、 琉球大学が開発したウコンを使ったカレーの試食会でお逢いし...
お米論

沖縄の十五夜は「ふちゃぎ」で決まり!

先日、ごはんでおはぎを作ったのですが 今回はその変化球、「ごはんDEふちゃぎ」です(笑)。 ごはんでおだんごを作るというレシピは以外にもけっこう検索できました。 本当はきな粉をまぶしたいとこでしたが、十五夜。 スーパーでもけっこうふちゃぎが並んでいたり、あずきのコーナーは 売り切れも目立つほど。。であれば、ふちゃぎでいきましょう♪
お米マイスター

【お米講座】社会人講話 in 沖縄市 ~稲の赤ちゃんをお供に~

沖縄市にてお米講座を開催しました。今回は稲の赤ちゃんをみんなにプレゼント。キャリア教育としてこれからもお米をお伝えして行きます。
「お米」のおいしいレシピ

不器用でも簡単に可愛いデコおにぎりを作る方法

可愛いキャラ弁やデコおにぎりは、子どもだけでなく、実はお母さんの憧れでもあるはず。ただ「不器用だからできない」と思って諦めている方もいるのでは?私も含めて、そんな不器用なママの強い味方を使ってみました!さて、その強い味方とは?
お米マイスター

バケツ稲、脱穀するのに役立つグッズがありました!

バケツ稲栽培をし、収穫を終え、次に立ちはだかる壁は「もみすり」「脱穀」。 手のひら量ほどで収穫した籾を、いかにもみすり・脱穀をするかで考えた結果、 食育授業でも使用するようなものが思いのほか活躍しました。そんなお話しです。
お米論

「食べる」という命をいただくこととは

日本では、離乳期から味覚が形成される・・と言われます。 食の乱れが深刻化したアメリカでは、いち早く「食育や」や 「味覚形成」を取り上げ 「kids in the kitchin. not in the clinic.」...
お米論

2016年産米の新米情報、日本各地から届き始めています。

富山県から届いた新米情報! 2016年、富山県産特別栽培米新米の状態です。
お米論

沖縄の米寿祝「ト―カチ」とは

トーカチ祝い(ユーエー)は、数え88歳のお祝いで、 本土の「米寿祝い」と同じですが、沖縄では米寿よりもトーカチ(斗掻(トガキ)) と呼ぶ方が一般的です。 トーカチ祝いは、旧暦の8月8日に、親戚一同を招いて盛大にお祝いをします。 沖縄にいて当たり前に耳にしてきたのですが、「米」が出てくる行事。 その由来などについても少し調べてみました。
お米論

台風の稲作への影響

台風が稲作に及ぼす影響とはどんなことが考えられるのか? 田んぼの状態にもよって違う被害について思う、米農家の心配。
お米マイスター

土鍋でごはんをおいしく炊こう♪~10月講座のご案内~

お米マイスターが提供する10月のお米講座のご案内です。美味しいお米の炊き方を教えます。
お米の雑学

「米」に携わる質問の奥深さ・・

バケツ稲、とうとう収穫を迎えました。 「収穫してすぐ食べられるわけではないんですね。」そうつぶやいたスタッフがいました。 当たり前に食べているごはん。そのお米には八十八の手間がかかるという意味合いも込められて 8月18日はお米の日とされているほどです。 バケツ稲はそんな八十八の手間をかなり短縮したものにすぎません。 しかしながら、そういうお米ができるまでを知らない人や子供たちにとっては良い経験になります。 今回は、その収穫の様子から「なぜ米という漢字になったのか」までさかのぼってお話ししています。
お米論

消費者の求めるごはんを求めて

2016年産米の概算金が出始めた。 需給の締まりで引き上げが期待される。 主力銘柄は15年産と比べ60キロ当たり1000円前後の上げ幅で動きだした。 B銘柄は低価格に品薄が加わり、引き合いも強く、1000円を超える値上げが期待され...
お米マイスター

おにぎり講座 in 浦添市

各地で依頼が多いのは、おにぎり講座。 「こんな風に講座をしてみてほしい」とお思いのかたは お気軽にお問合せくださいませ♪
お米論

鹿児島県ミルキークイーン、新米入荷です!

比較的新しい品種「ミルキークイーン」は鹿児島県でも生産しています。 冷めてよりその甘みともっちり感の増す不思議なお米、女性に人気で、おにぎりやお弁当に最適と言われています。そんなミルキークイーン、入荷しました。